児童養護施設:成光学園(神奈川県座間市)

学園案内
寄付のお願い
求人情報
決算・現況報告
お問い合わせ
リンク集

学園案内

施設概要

施設 児童養護施設 成光学園
設置主 社会福祉法人 成光福祉会
施設 矢部雅文
職員 平成27年12月現在 常勤25名
昭和22年7月25日
入所定 18歳までの児童75名
 (うち小規模ユニット6名)
敷地面 約4,800㎡(他借地2,800㎡)
主な施 学童寮、幼児寮、かなでの家
施設イメージ図

学童寮

学童寮

鉄骨造2階建 約1,000㎡ 各階定員25名

1階:小学校1~3年生までの男子および
   小学校1~高校3年生までの女子

2階:小学校4~高校3年生までの男子


幼児寮

幼児寮

鉄筋コンクリート造2階建 約800㎡ 定員20名

1階:未就学児男女
2階:事務所ほか管理部門および会議室等


かなでの家

かなでの家

木造平屋建 約85㎡ 定員6名

小学校1~高校3年生までの男子(小規模ユニット)


その他の施設

その他の施設

食堂棟
鉄筋コンクリート造平屋建 約200㎡

職員住宅など 約350㎡


施設の運営方針

矢部施設長

児童福祉法等の法整備以前(前身は昭和14年)から運営している歴史のある学園です。

当学園は、入所児童が明るく衛生的な生活環境のもとで、家庭に代わる場所として心身ともに健やかにして、将来社会人として立派に自立できるように育成することを目的としています。そして児童にとって“何処よりも心が安らぐ場所”でなければならないと「成光学園 運営・管理に関する規程」により定めています。

子どもたちには担当の保育士をつけて、必要な時に必要な手を差しのべる体制です。直接長い期間関わる職員たちのケアも同時に心がけ、臨床心理士等によるカウンセリングも行っています。

子どもたちが社会の規律を学びながら、のびのびと成長していけることを基本方針としています。


年間行事

施設の歴史

昭和14年 矢部金義が現在の地に農場を開設し、農事による青少年の心身の鍛練と食糧増産の役を果たす。
矢部金義と座間農場開設協力者
《昭和14年》
座間農場開設の協力者たちと
(上段左から2人目が矢部金義)
昭和20年 当時、日本陸軍士官学校指定農場となっていたが、終戦を期に戦災孤児、浮浪児を引き取り養育する少年の園を建設する。
昭和22年 財団法人 座間農場が認可設立。司法保護団体の認可を得て、触法少年の更生にあたる。
昭和24年 児童福祉法の成立により、司法保護団体を解散。同法に基く養護施設(現在の児童養護施設)として成光学園を開設。
矢部金義が初代園長となる。 天皇陛下より御下賜金を賜る。
養護施設成立学園開設
《昭和30年代》
「もはや戦後ではない」と言われた頃。
私たちの戦後は長く続きました。
昭和40年 定員55名の学童寮棟建築落成。(改築のため平成20年に解体)
昭和42年 食堂棟建築落成。
昭和49年 定員20名の幼児寮棟建築落成。(日中保育室、静養室、職員宿舎、事務室等の管理棟を含む)
昭和52年 初代園長、矢部金義が82歳で逝去。矢部皖一が2代目園長となる。
昭和55年 後保護寮・シニア養護センター建築落成。(改築のため平成17年に解体)
平成11年 いこいの家建築落成。
平成16年 1月に社会福祉法人 成光福祉会が認可設立。
矢部皖一が初代理事長となる。
3月末、残余財産を全て成光福祉会に寄附し、財団法人 座間農場を解散する。
4月、成光学園の運営法人は社会福祉法人 成光福祉会となる。
矢部雅文が3代目園長となる。
天皇陛下より御下賜金を賜る。
平成18年 定員50名の学童寮棟建築落成。(地域交流室、親子訓練室等を含む)
平成19年 地域子育て支援としてショートステイ事業を開始(未就学児定員5名)
平成20年 成光福祉会初代理事長矢部皖一が90歳で逝去。
平成21年 矢部雅文が2代目理事長となる。
平成24年 かなでの家改築落成。

児童養護施設とは

児童福祉法第41条に基づき、18歳までの児童で親の疾病や失踪、離婚、死亡等で保護者を失った児童、虐待を受けている児童、その他環境上養護を必要とする児童の家庭に代わる場所であり、職員との信頼関係を基盤として、規律ある健全な生活を築き生活指導や保育、並びに小・中・高校等への通学などを通じて、豊かな人間成長を図る場です。


運営法人

Ⅰ.基本情報

所轄 座間市
法人 社会福祉法人 成光福祉会
〒252-0021 神奈川県座間市緑ケ丘4-20-21
046-251-0128
FA 046-251-5130
UR http://seikou-gakuen.sakura.ne.jp/
E-mai メールアドレス
設立許可年月日 平成16年1月7日
設立登記年月日 平成16年1月13日
代表 矢部 雅文(昭和49年生まれ)
理事長
就任年月 平成21年5月9日

Ⅱ.事業

社会福祉事業 児童福祉 第一種 児童養護施設
施設 成光学園
所在 〒252-0021 神奈川県座間市緑ケ丘4-20-21
事業開始年月日 平成16年4月1日(社会福祉法人に移管)
昭和22年7月25日(財団法人時代)
75名

Ⅲ.組織

理事定 6名 (現員6名)
理事 矢部 雅文
矢部 眞一
草場 作
片野 満佐治
漆原 豊和
古賀 祐樹
監事定 2名(現員2名)
和田 創
樋田 一徳

神奈川県委託事業

神奈川県からの委託を受け、平成28年度より神奈川県内の社会的養護の向上を図るため、次に掲げる各種事業を実施します。

(1)児童養護ネットワーク事業

各種関係機関の交流の場を提供します。

(2)里親支援事業

児童を養育している里親の方々の養育相談に応じます。また、里親希望者の方々からのご相談に応じます。

(3)児童委員支援事業

児童委員の方々からのご相談に応じます。また、施設見学等のご要望にお応えします。

詳細につきましては、担当の森速人までお問い合わせ下さい。

電話番号: 046-251-0128


アクセス

児童養護施設成光学園ロゴ

〒252-0021
神奈川県座間市緑ケ丘4-20-21

事務所:046-251-0128
寮直通:046-251-1213
FAX:046-251-5130

成光学園アクセスマップ

(C) Copyright SEIKOUFUKUSHIKAI social welfare service corporation
2014 All rights reserved.

児童養護施設 成光学園フェイスブックページ